声優ラジオが生きがいで何が悪い!

月の頭に更新したりしなかったりします。タイトルの割に合わず、声優ラジオの話題はそんなにしません。 よく聴くのはトラハモ、だれらじ、アイスタ、りえぷり、ラジオどっとあい、SSちゃんねる。

②まどか☆マギカについて諸々

 高橋鉄鋼です。「金属」よりも「高橋鉄鋼」の方が伝記のタイトルになりやすそうだからこっちをペンネームに採用したことは秘密です。

 

 前回の中間更新の前置きが無駄に長い上にキモい文章だったので、これからはもうちょっとカジュアルな文章を目指します。

 

 

 

 このブログにたどり着く人はおそらくアニメが好きな人が多いと思いますし、もちろん僕も好きです。

 

 その中でも特に好きなのが2011年に放送された「魔法少女まどか☆マギカ(以下:まどマギ)」。

 

 魔法少女モノでありながら3話で主要キャラの1人が敵(魔女)に頭を齧られて死ぬという衝撃的な展開が、そのキャラの名前から「マミる」と呼ばれたことで有名ですし、知ってる人も多いのではないでしょうか。

 

 そんなまどマギですが、それ以降の作品にもかなりの影響を与えているようで、「結城友奈は勇者である」や「魔法少女育成計画」など、女の子が次々にリタイアしていくグロくてダークな作品がそれ以降増えていきました。ポストエヴァ風に言えばポストまどマギです。

 

 

 そんなポストまどマギ作品群ですが、元のまどマギがソシャゲなどコンテンツ展開抜きでも一作品として今でも高い評価を得ているのに対し、他の作品はあまり話題になっているように感じません(それらの作品のファンには悪いで言い方ですが)。

 

 各サイトを見てると「まどマギだって当時の初見勢の間で盛り上がっただけ」という意見も見ますが、「マミる」やあの世界における魔法少女システム、キュゥべえの正体などをwikiで調べ尽くした僕が観てもとても面白かったです。

 

 ポストまどマギが爆発的ヒットにまで至ってないのは「二番煎じだから」といえばそれまでですけど、今回はもうちょっと詳しく、具体的には「まどマギがあれだけ人気を得た本当の理由」とかについて僕が考えていたこと、特にまどマギの肝とも言える「物語」について書いてみようと思います。

 

 

 

 ポストまどマギ作品群については僕自身ちゃんと観ていないのではっきりとは言えませんが、代償に身体に障害を持つシステムやデスゲームが始まるような展開は初めから「グロくてダーク」を目指して物語が構成されているように感じます。

 

 ではまどマギはどうでしょうか。

 

 これに関しては脚本の虚淵さんが某インタビューで「本当はハッピーエンドが描きたいけど物語を書きたいけど、突き詰めていくとバッドエンドになってしまう」と答えています。今はもう振り切れてるようですが、昔はそれが原因で筆を折ることまで考えたほどの悩みだったそうです。

 

 それなら、まどマギはどのように物語を突き詰めていった結果あのような作品になったのでしょうか。

 

 「マミる」については話題を呼ぶためや最終決戦でほむらを不利にするためとも考えられるため、今回は魔法少女システム及びキュゥべえの正体に重点を置いて行こうと思います。

 

 

 少し話は変わりますけど、皆さんはプリキュアのような、いわゆる本来の「魔法少女モノ」は見たことがあるでしょうか。

 

 全てにおいて言えることではありませんが、多くの場合「悪」がいて、それを倒すために「妖精」が「少女」に助けを求めます。

 

 このあらすじ、深く考察すれば様々な疑問点が出てきませんか?「悪」の目的は何なのか。そもそも「妖精」って何なのか。なぜわざわざ「少女」に助けを求めるのか。

 

 

 多くの魔法少女モノは女児向けに作られてあるので、少女が主人公なのは感情移入しやすくするためだと考えられます。また、それ以外も女児となればまだ難しいことを考えられないであろうから、漠然とした「悪」と「正義(妖精)」を置くことで物語の構造を単純化しているのだと考えられます。

 

 

 僕自身が虚淵さんに聞いたわけではないので断定は出来ませんが

 

 

 虚淵さんは、まさにその漠然とした「悪」や「正義」から突き詰めていったのではないでしょうか。

 

 

 言い換えれば、彼は魔法少女モノを作るにあたってまず「妖精ってなんじゃらほい!」って考えたと思うんです。

 

 ここから憶測が多くなりますが、そこで彼は妖精のようなつかみどころのない存在ではなく「宇宙人(エイリアン?)」という具体的なものに置き換えることから考え始めたんだと思うんです。

 

 じゃあなぜ宇宙人がわざわざ地球に?

 

 そもそもはるばる地球まで来れる言うことは、それだけ科学が発達しているということでしょう。

 

 では何故それまで科学を発達させられたのか?

 

 言い換えれば、何故科学が発達しすぎた末に戦争によって自滅しなかったのか?

 

 戦争が起こる原因は色々考えられますが、規模を小さくして争いを起こる原因の起こる原因を考えると、それらは二者の意見が異なるからです。何故異なる意見を持つのかと言えば、人はそれぞれの意思を持っているからです。

 

 また、怒りなどといった感情によって争いが生じることもしばしばありますよね。

 

 

 それなら、その宇宙人に「個々の意思を持たず感情も持たない」という設定をつけてしまえばいい。

 

 そうして「キュゥべえ」というキャラクターが誕生したと、僕は考えます。

 

 

 話を戻して、なぜ彼らは地球に来たのか。

 

 はるばる来たということは、彼らが持たず地球にだけあるものを求めてきたと考えられます。

 

 

 そう、感情です。

 

 

 そうして「感情の起伏をエネルギーに変換して宇宙の寿命を延ばす」という設定が出てきたのではないでしょうか。

 

 最後に、なぜわざわざ少女なのか。これは作中でも語られていますね。彼らの求めていた感情の起伏が激しいからです。

 

 

 

 …まどマギのグロくてダークなストーリーは、こうしてできたのではないでしょうか。

 

 

 

 要するに、従来の魔法少女ものとまどマギの差はキャラが死ぬとかそういうことではないんです。

 

 

 「各設定が根底で結びついているか」、これこそまどマギの面白さの核ではないでしょうか。

 

 同様に考えると、ポストまどマギ作品群はまどマギの「表面的なダークさ」だけを取り入れたため、結局従来の魔法少女ものと変わらず各設定が宙ぶらりんになっていると考えられます。

 

 

 

 まだ無名の僕が偉そうに言えることではありませんが、キャラ作りにしろストーリー作りにしろ絵の画面構成にしろ、人気の高いスペックや設定、モチーフを表面的に取り入れるのではなく、「なぜそれを用いるのか」と問答法のように突き詰めていけば、多くの人を感動させられる作品が、物語が作れるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 「キュゥべえの誕生」のくだり、もろ僕がこれから描く漫画のネタバレになってるけど大丈夫かな…

 

 

 

 まぁ読む人そんなにおらんやろうしええか。今描いてるのも含めて色々あるテーマの中に「真のポストまどマギ」ってのがあるからそれを目指して頑張ります。

 

 

 

 下のは例に漏れずアフィでは無いので、好きなだけ踏んでください。

 

 あと、これは僕が高校の頃受験期間に描いたまどマギのソシャゲ「マギアレコード」の二次創作です。(わざわざ読むほどの価値は)ないです。

www.pixiv.net

 

 マギレコアニメ延期したってマ…?

 

 

 

 ではでは

19.5

f:id:tkhsironmanufacture:20190428154632j:plain

 こんばんは、高橋鉄鋼です。先月の記事で漫画を投稿する容量の確保のために普通に記事に画像は貼らないと言いましたが、はてなブログの画像容量が思いの外多かったので貼ってみました。

 

 ちなみにこの画像は動画版の方のサムネのボツ案です。こっちの方がクリックしてもらいやすいのでは?と思いましたが、せっかく16:9にトリミングしても使えるように表紙を描いたのであっちを採用しました。

 

 あと、この記事は5月1日に予約投稿にしてるので、今頃僕はバイト先で皿を割ったり脱水でぶっ倒れたりしてテンション下げつつ11時に帰宅して飯を詰め込みシャワーを浴び「ベイビィフェイス!」と叫びながらパソコンを開くことでなんとかテンションを上げ各動画サイトや漫画サイトに投稿しまくってることだと思います。

 

 

 一応これ書いてる時点でURLがわかってるのははてブロの漫画ようつべの動画ニコニコの動画です。

 

 

 漫画についての話はほとんど4月のブログに書かれてるのですが、ここでは内容以外のことを少し補足しておきます。

 

 最近では画像の保存やスクショの違法化が話題になっていますが、僕が上げた漫画は基本的に私的利用は自由です。保存してもスクショしてもいいし、セリフのコラを作ってもいいし、一部を切り抜いてスタンプ代わりに使ってもいいし、こち亀ジョジョみたくツイッターに何ページか貼っていかにも「俺正論やろ?」とイキっても構いません。

 

f:id:tkhsironmanufacture:20190428164854j:plain

セリフコラの一例

f:id:tkhsironmanufacture:20190428164855j:plain

スタンプがわりの一例

 

 ただ、動画版の利用については声およびBGMが僕のものでは無いので、それぞれ蒼井つららさん(@Saisei_aotura)とせーみさん(@se_mi_tonbo)に確認していただければと思います。

 

 

 

 あ、あと僕のツイ垢(@kinnzoku_)には質問箱を貼っつけてませんが、匿名で質問やら感想したい時はこのブログの記事どれにでも書き込んでください。この無機物は自己顕示欲だけは人一倍高いので、質問とか感想とかもらえると喜びます。

 

 質問箱の代わりに固定ツイにほしいものリスト貼ってますが、画材を買うことで僕に漫画を買うようプレッシャーをかけ、本や円盤を買うことで作業時間を奪い、写真集を買うことで隠し場所に困らせることができるのでよろしくお願いします。

 

 

 

 一つだけどうでもいいこと言ってもいいですか。

 

 

 

 シャニの新アイドルの芹沢あさひちゃん、かわいいが過ぎる。

 

 

 

 追伸

 

 スクショの違法化で問題になってるのってってどう考えても漫画自体のことじゃなくて絵の資料にする画像とかのことよな…

 

 

 

 動画編集してたら塗り忘れがかなりあって苦労しました。今回はGWのおかげでほぼ修正できましたが、今後は誤字や作画ミスが増えていくかもしれません。その時は生温かい目で見てやってください。

 

 

 

 漫画の最後に貼ってある広告は例に漏れずアフィでは無いので好きなだけ踏んでください。

 

 

 

 

 

 どこまで行けるかな…

 

 

 

 

 

 おまけ

 

f:id:tkhsironmanufacture:20190430025825j:plain

一回やっときたかったやつ

 バイト帰宅後の追伸

 

 やっぱり皿割りました。つらい。

 

 あと、魔剤キメても脱水症状には普通になるので気をつけてください。

 

 

 

 元号越しそばとか言い出したやつ絶対に許さん

①TrySailに関する雑説

 皆さんはアニメを観ますか?そのアニメを観る理由は何ですか?

 

 多くの人は「原作が好きだから」「制作会社が好きだから」というか理由を挙げるでしょう。

 

 しかし近年では、作品の内容でないとある部分で観るアニメを選んでいる人が激増しているように感じます。

 

 それは…「好きな声優が出ているかどうか」です。

 

(※この記事は決して声優及び声優ファンを批判するものではないので、安心して読んで欲しいです)

 

 今では人気声優が主演を務めれば否応無しに注目が集まり、某ソシャゲは声優の名前を並べただけの強気な広告をし、さらには某クソアニメは放送回ごとに声優を変えることで多くの声優ファンを獲得しました。

 

 それだけオタク向け産業で重要な役割を持つようになった声優ですが、僕が特に好きなのは声優ユニットTrySail」です。

 

 ミュージックレイン所属の御三方(麻倉もも雨宮天夏川椎菜)から構成されたユニットですね。アニメの仕事のみならずゲーム、ラジオ、歌、ライブなど様々な場面で活躍しており、今一番勢いがあるユニットだと思っています。

 

 前置きが長くなりましたが、ここからが本題。そんな勢いのあるTrySailですが、何故そんなに人気なのか…

 

 個人的に考えていると、TrySailに関するいくつかの説が浮かんできました。今回はその中から2つピックアップして紹介したいと思います。

 

 

 

説①:TrySail、漫画説

 

 私が好きな作品は多くありますが、それらはだいたい3つの分類に分けられます。

 

 それは「美しい」と「面白い」と「可愛い」です。

 

 「格好いい」については、私が好きなのはイケメン的なカッコよさではなく美学としてのカッコよさなので、「美しい」に加えさせて頂きます。また、面白いとはゲラゲラ笑うような面白さというよりはクスッと来るようなユーモアのあふ面白さという意味合いが近いです。

 

 可愛いはかわいいです。

 

 

 では先に漫画の方から見てみましょう。漫画にはいくつかの要素がありますよね。キャラクター、絵、ストーリー…。

 

 この中で「面白い」に該当するのがストーリー、「美しい」に該当するのが背景などの作画、「可愛い」に該当するのがキャラクターであると考えます。

 

 そしてTrySailに当てはめると「面白い」に該当するのがナンス(夏川椎菜)、「美しい」に該当するのが天さん(雨宮天)、「可愛い」に該当するのがもちょ(o・∇・o)であると考えます。

 

 

 まずナンス。彼女はブログの文章が面白いことで有名ですね。私は特に2017年末の「ドジ話おさめ」という話がめっちゃ好きです。それから小説を書いたり作詞したりと、センスに溢れています。

 

 また、私自身がTrySailを長く(と言ってもまだ1年ちょっとですが)応援し続けているのはナンスの存在が大きいと考えています。奥の深いストーリーに多くのファンが魅了されるように。

 

 

 次に天さん。美人だということもありますが、それ以上に僕は「仕事のためにゲームは封印してる」というほどの真面目かつストイックな生き方に美しさを感じます。

 

 僕が3人の中で最初に気になったのが天さんなのですが、それは表紙やキービジュアルのような絵の美しさと同様に多くの人を引き寄せる力があるのだと思います。

 

 

 最後のもちょは言わずもがなですね。モチョカワイイネー。

 

 流石に手抜きだと疑われそうなので補足しておくと、漫画におけるキャラはその作品のシンボル的な存在です。TrySailがネガティブ傾向の2人を抱えながら輝く存在のような印象を受けるのは、もちょのお陰でしょう。

 

 

 この考え方を深めて行けばTrySailが1人も欠けてはいけない理由が見えてきますが…それを話し出すと長くなるのでここでは割愛させて頂きます。

 

 

 

 それでは次の説に移りましょう。

 

 

 

説②:TrySail、女子小学生と男子小学生と男子高校生のユニット説

 

  名前が長い上にふざけてると思うかもしれませんが、説明を聞いていただければ多くの方に納得していただけるのではないかと思います。

 

 

 まずそれぞれ誰を指しているのか。だいたいわかるかも知れませんが女子小学生がもちょ、男子小学生が天さん、男子高校生がナンスです。

 

 何故ナンスだけ高校生なのか?それは3人のデビューしたての頃、女の子のような天然さを持つもちょと3人の中で男の子のように暴れていた(語弊)天さんをまとめる役がナンスだったからです。

 

 ナンスは決して最年少なのにしっかりものだったわけではありません。実は最年長だったのです。

 

 

 では何故天さんとナンスは男子なのか?今度は今のTrySailを見てみましょう。

 

 TrySailはデビューから約4年経ったので、それに合わせて時を進めるともちょは女子中学生、男子中学生、男学生となります。

 

 もう解りましたね?

 

 女子は男子に比べて成長期が来るのが早いので、心身ともに大人に近づきます。

 

 すると男学生は昔は昔はこども扱いしていた女の子がいつの間にか大人びいていることに気づき、好きになってしまいます。

 

 しかしそれをハタから見るとどうでしょう。女子中学生に恋する男学生。

 

 どう見てもロリコンです。

 

 当然女子小学生自身も少し引くでしょう。

 

 さらにその女子中学生に恋心を抱いているのは男学生だけではありません。 男子中学生も女子中学生のことが好きだったのです。そして女子中学生は同年齢である男子中学生のことは受け入れます。

 

 さらに心も大人になった女子中学生は、やがて1番しっかりした人になって行きます。

 

 

…と、このように説②を採用することでユニット内におけるしっかりした人物がナンスからもちょへと移行した理由、もちょがナンスを避けるのに天さんとはイチャイチャする理由など様々な謎について説明できます。

 

 

 たまげたなぁ…

 

 

 

 いかがでしたか?

 

 

 

 ブログは月に一回統括みたいなのだけを更新しようと思っていましたが、他にも書きたいことが沢山あるので今後はそれを15日ぐらいに書いて更新していこうと思います。

 

 

 

 …ネタ切れしない限りは

 

 

 

 下のはアフィじゃないので好きなだけ踏んでください。

 

TrySailフォトブック 航海日誌: LOGBOOK

TrySailフォトブック 航海日誌: LOGBOOK

 

 

始動(19.4)

 この記事の公開時点でここにたどり着く人はまず居ないと思うので、おそらく5月1日以降に数人来るであろう物好きの方々に向けて書きます。

 

 あと、文章なにも考えてなかったので思いついた順に書いていきます。読みにくかったらすみません。

 

 

 

 まず、僕が高校時代に綴ってた誤字の多い月一ブログがこちら

 

 「箱庭劇場」という名前は、元々いつか同人サークル作るときにサークル名にしようとしていたものです。最近は同人界隈でも髪不足が問題になっていることもあり、ネットにあげる選択をしたので誰か使ってやってください。

 

 これから描いていく漫画の内容はほとんどが高校生時代に考えたものなので、ここを読んでいただければ僕の描いた漫画の背景が大方わかると思います。終末が!は元々ギャグ漫画にための設定だったとか…それは今は関係ないか。あと、我ながら面白い文章だと思います。

 

 ちなみに、前回のブログでは画像を載せてたのにこのブログでは載せてないのは、漫画を上げるためのファイル利用量を確保するためです。

 

 そう言えば、ニコニコ漫画はスクロール形式だと50ページ以内じゃなきゃいけないみたいですね。既にページ数がオーバーしています。辛い。

 

 このブログも引き続き週一ぐらいのペースで更新していくので、よろしくお願いします。

 

 

 

 …ブログ名がブログ名ですし、少しは声優ラジオについても触れましょうか。

 

 最近はずっとりえぷりをBGMに作業しています。イヤホンで聴いているのでたまに笑うと家族からキモがられるのが辛いです。まあ面白いししゃーない。

 

 僕の漫画で線がガタガタしてる部分があったら、それは十中八九笑ったからです。笑わなりえしょんめっちゃ好き。

 

 

 

 今日といえば、新元号が発表されましたね。令和。カッケー。

 

 とりあえず、令和という時代に僕の名前を刻むことを目標にして頑張ります。

 

 

 

 名前については、これまで金属という名前を使ってきましたが、いずれ伝記になる時に金属じゃ無理だろうと思ってフルネームっぽい高橋鉄鋼にしました。

 

 取らぬ狸のってやつですね。

 

 

 

 とりあえず、大学生の間に漫画描きまくるので、どうかよろしくお願いします。書きたい漫画描いて大学卒業と同時に過労死したら俺の勝ち。

 

 Twitterここ。過労死は冗談ですが、一応生存確認はここでできるのでよろしくお願いします。

 

 

 

  追記 写真がないのもなんだか物悲しいのでアマゾンのリンクを貼ってみました。アフィではないので好きなだけ踏んでください。

寺田てらさんの絵柄めっちゃ好き。

フライングベスト~知らないの?巷で噂のダメ天使~(初回生産限定盤B)(DVD付)(特典なし)

フライングベスト~知らないの?巷で噂のダメ天使~(初回生産限定盤B)(DVD付)(特典なし)